豆知識

[`yahoo` not found]
Pocket
[`evernote` not found]

ここでは秩父渓流釣りについての豆知識を掲載しております。川魚釣りの参考にしてください。

はじめに

秩父大血川で秩父の渓流釣りをしていると、目印をおっていた目に魚の姿が映ることがあります。細い糸を通して、透き通った大血川の中からさまざまな魚の様子が頭の中に飛び込んできて水中の世界が広がります。そして、いつのまにか、そこに魚が泳ぎはじめているのです。そもそも、秩父渓流釣りは姿の見えない相手の行動を読んで、自分の竿で魚を釣り上げるゲームです。秩父大血川にひそむイワナやヤマメを誘い出すために、大血川に立った釣り人たちは自然にとけこみ、相手の行動を読み、観察し、竿とハリとイトを使って川の流れにひそむ魚たちの世界を探索する、それが秩父大血川の秩父渓流釣りです。「イワナ・ヤマメ釣りは魚に教われ」と昔、秩父に来る釣り人たちは言ったそうです。この、秩父大血川渓流釣りでは自然があふれていて子供の頃にもどったような感じになります。是非、この自然を体感しにきてください。

アプローチ

秩父大血川渓流釣場では、川を下流から上流へいくのが渓流ポイントです。水の中で魚は流下するエサを待つために、必ず上流へ頭を向けています。つまり、なるべく後ろに近い下流方向から近づいたほうが魚に感ずかれないですむというわけです。しかし、落ち込みの横など、流れが下流から上流方向に巻き込んでいる場所では、魚も水の流れに応じて下流方向を向いていることが多いので注意が必要です。秩父渓流釣りで渓流ポイントを決めたら下流側から近づき、川に対して真横に立たず、斜め後ろから釣ることを心がけましょう。あと、音で魚を驚かしたり、穂先やエサを不自然に動かしたりしないためにも、一度振り込んだら流し終わるまで足は動かさないようにしましょう。秩父渓流釣りで川を歩くときは水際から離れて歩くことがかんじんです。背中に太陽があるときには、自分の影を水面に落とさないように歩くことも大切です。渓流ポイントがおおいときは自分の近いところから先にエサを流すようにします。初心者は、淵や落ち込みなどに来ると、目の前の大場所にばかり気をとられて手前の浅瀬には目もくれずにバシャバシャと足を踏み入れがちです。しかし、そういう浅瀬には、まるで見張りでもしているような魚が多く、この見張りを驚かせて走らせてしまうと、その周辺すべての魚に警戒心を与えてしまうことになるのでくれぐれも慎重にいたしましょう。

アクション

秩父大血川渓流釣りで釣果をあげるためにはねらった渓流ポイントに正確に仕掛けを投入することが大切です。実際に秩父の渓流場につくといろいろな渓流ポイントがありますが岩陰のちょっとした所とかに大物が潜んでいるので正確に振り込むことが重要になります。正確な振り込みを身に付けるためには自分のフォームを固めることです。どんな足場でも同じようにサオが振れるようになりましょう。

■サオの振りが大きいほど穂先が横にブレて正確な投入ができません。肘から先だけの動きで仕掛けを振り子状に引き寄せて穂先の弾力で秩父渓流ポイントに飛ばします。脇を開けないようにすると横ブレが起きずに正確に秩父渓流ポイントに振り込めます。

■オモリの重さで振り込まないようにしましょう。サオの弾力を上手に利用して遠くへ飛ばせるように練習しましょう。

■仕掛けを水面にバチャッと打ちつけるとスレている魚は警戒して逃げてしまいます。仕掛けが水面に届く瞬間にサオを下げすぎないように止めてエサから静かに着水させるようにしましょう。

■秩父の魚が釣り人のエサを警戒するのは、流れ方が不自然だからです。水の流れに逆らわないで自然に流下するエサを食べなれている魚はイトに引っ張られて水の流れに抵抗するエサは見抜いてしまうのです。秩父渓流魚がすむのは水面に比べて流れが緩くエサの捕りやすい川の底近くの流れです。釣り人は底近くの深いところに自然なかたちでエサを流さなくてはならないのです。

秩父山女とは。。。

秩父渓流のヤマメは渓流に生息するイワナと共にサケ科に属する魚です。秩父の大昔は、サケのように川で生まれて海へ降り、大きく成長して再び川へ産卵に戻ってくる習性を持っていたといわれています。しかし、気温が温暖化すると冷水性の秩父ヤマメは平野部にいることができなくなり、水温の低い山奥だけに生息するようになりました。秩父ヤマメの楕円形のマークは、サケ科の魚に共通して見られるマークです。それがヤマメに限っては成魚になっても見られるのは、海へ降りて本来の成長を遂げることができなくなったことと関係があるかもしれません。このように、陸に閉じ込められたものを陸封型と呼びます。

秩父山女の居場所

秩父渓流釣りで岩の上から泳ぐ山女「ヤマメ」を見ていると右に左に忙しくエサを捕りに行っても、もとの場所に戻ってくるようすがうかがえます。つまり、秩父の山女「ヤマメ」は川の流れの中に自分の居場所を決める性質を持っているのです。これを、「定位」と呼びます。警戒心の強い秩父のヤマメは常に隠れ場所の近くに身を寄せています。岩陰・白泡の下・日陰等は山女「ヤマメ」にとっては敵から身を隠す絶好の場所となります。また、平坦で落差がないような流れでも、水深のある流心に緩い流れが発生しているような場所があれば、秩父大山女「ヤマメ」の定位する可能性の高い絶好のポイントとなるので、慎重にポイントを探して見ましょう。

秩父山女のポイント

秩父山女「ヤマメ」の渓流ポイントは、速い流れの中にできた緩流帯。流下するエサが多く、エサを捕りやすい場所を選んで定位しています。エサを効率よく捕れる場所とは、二つの流れを流下するエサが、ひとつの地点に集まる地点などは理想的な場所です。また、速さの違う流れが合わさると流れのヨレができて一時的に緩流帯が生まれます。この緩流帯が秩父山女「ヤマメ」の定位の条件である、ほどよい流速と効率のよいエサ場を両立する理想的なポイントとなります。本来、勢いのある流れほどエサはたくさん流れてくるわけで泳ぐ力さえあればできるだけ流心に寄っていたほうが有利なのです。秩父渓流釣りで大ヤマメが流心で釣れるのも、こうした理由によるものと思われます。体格のよい立派なヒレの力の強い山女「ヤマメ」だけがエサの多い流心近くに定位できるのではないでしょうか。水量の多い川では、水面の波の間にわずかに見え隠れする、たるみ状の筋にそって流してみると上流から順番に型のよい秩父山女「ヤマメ」が釣れることが多いのです。

秩父山女のアタリ

秩父渓流釣りでは「アタリはあるけれど釣れない」なんて声をよく聞きます。果たして秩父山女「ヤマメ」のアワセはそんなに難しいものでしょうか。初心者の人が言う「アタリ」とは手にブルブルときた感じを言っている場合が多いです。流れに沿って移動して行く目印を見ていても、そこに伝わるアタリを見分けることができず、イトがピンと張り、サオに魚の動きが直接伝わるころになって、やっとアタリを感じているのです。確かに手にブルブルっと来てから合わせるのは難しいです。なぜなら、ブルっと伝わる感じは不自然に引っ張られるエサに警戒した秩父山女「ヤマメ」があわててエサを吐き出そうとしている動きだからです。秩父ヤマメが警戒することなくエサをくわえている間に確実にアタリをとるには、まず、目印の感度をできるだけ上げておくことです。動きを鈍くする最大の要素であるオモリは最小に、水の抵抗を受けるイトも可能なかぎり細くします。目印は風の抵抗を減少するために軽い蛍光毛糸を小さく二カ所に結びます。仕掛けを投入したら目印に集中することです。そして動きがちょっとでもおかしいと思ったら少しイトを送り込んでみることです。合わせるのではなくて送るのです。この、直後目印にもっとはっきりしたアタリが現われば秩父山女「ヤマメ」がしっかり口に入れた証拠なので、そこでゆっくり合わせればよいのです。もし、イトを送らなければヤマメはイトの張りに違和感を覚えて、すぐにブルブルっと吐き出してしまい、秩父渓流釣りでは「アタリはあるのにな~・・」となってしまうのです。

秩父イワナとは。。。

秩父岩魚「イワナ」は川の最も上流に生息するサケ科の魚であり、秩父ヤマメと同じく大昔からの生き残りです。秩父渓流の岩魚「イワナ」も、もともと川で生まれて海で育つ習性をもつ魚であり、その大部分は大昔に水温の低い場所へと移動したと思われます。しかし、全部が移動し終わる前に下流や河口付近の水温が上昇して退路を絶たれてしまい、その結果水温の低い山奥に閉じ込められたのが、日本の川に現在すむ岩魚「イワナ」の祖先と考えられます。秩父大血川渓流にすむ岩魚「イワナ」をとりまく自然環境はたいへんよいです。冬の間は雪に閉ざされて、水温が0度近くに下がり、夏になっても水温があまり上昇せず冷たいです。エサの流れも自然環境のなかで流れています。秩父大血川のイワナは顔にインパクトがありビクに入れるのを忘れて、いつまでも見ていたいような顔をしています。秩父イワナをはじめて見た人は、まるで「秩父山奥の不思議な魚」と言う印象があるようです。

秩父イワナの居場所

秩父岩魚「イワナ」は、蛇やネズミや昆虫を飲み込むといわれるほどの魚です。しかしその一方で、ちょっとした渓流釣り人の動きでも敏感に感じとる用心深さもある魚です。秩父岩魚「イワナ」は、ヤマメのように積極的に流れの真ん中を泳いで、流下するエサを待つようなことは、あんまりしません。どちらかと言うと隠れ場所でじっと息を殺していて、エサを見つけると猛然とダッシュして食いつくというのが、秩父岩魚「イワナ」の行動パターンです。ヤマメと釣り比べてみるとわかりますが、秩父岩魚「イワナ」という魚は顔つきのわりには泳ぐ力が弱いです。体型もきれいなヤマメとは違って、頭でっかちでずんぐりとしています。したがって、秩父イワナが好む場所の流速は緩やかです。大石の裏にできるたるみや、岩の下のエグレ、岩陰等の緩流帯は、イワナの好む絶好のポイントとなります。イワナとヤマメが混生するような場所では流心近くの流れの速いポイントほどヤマメが釣れます。川には中層にヤマメ、低層にイワナという構図ができています。これは泳ぐ力の差によるものです。そのために、もともとイワナしかいなかった川にヤマメを放したために、エサ捕り競争に敗北したイワナが姿を消してしまった川もたまにみうけられます。

秩父イワナのアタリ

昔から秩父渓流釣りでは「秩父岩魚「イワナ」は飲ませて釣れ」といわれています。すぐに合わせるなという先人の教えです。秩父岩魚「イワナ」はエサを器用に食うことができないので最初のアタリで合わせてもハリ掛かりしないことが多いのです。たとえば目印がいきなりグイっともっていかれたときでも、たいていはミミズの端をくわえているだけなので慌てて合わせたりしないで、少しイトを送り込むようにするとよいです。その後すぐにしっかりとしたアタリがあれば、そこで合わせればいいですし、なければもう一度同じところに流してみましょう。むやみに空アワセして魚を驚かせないことです。低水温で魚の活性が低く、モゾモゾっとしたアタリばかりの時には、アタリの後、ひと呼吸サオを下げてイトフケをつくってから合わせるようにすると、きれいに上あごにハリ掛かりします。ある程度経験を積むと、その日の秩父イワナのクセがわかってきます。そうなれば誘いのテクニックも身についてきます。秩父岩魚「イワナ」は自分の捕食距離内に入る前から流れてくるエサには必ず気がついています。そこで、ここで食うだろと思う点に気づいたらサオをスッと下げてイトを送り込んでやる。食おうかどうしようか迷っているイワナの鼻っ面にエサをフワッと差し出してやります。そそられた魚のほうはたまらず食いつくというわけです。コツはあくまでもフワッとやることです。ただし、オモリが軽くないとエサが自然に流れずに根掛かりするだけす。

PAGETOP